Archive for the ‘最近の投稿’ Category

廃車をスクラップに

2015-01-08

廃車をスクラップにする過程って?

自動車が壊れてしまったり、古くなってしまって商品価値が無くなってしまったというような場合には、処分の方法として廃車にせざるを得ないことがあります。

廃車を処分するというような場合には基本的にはスクラップとして処分されることとなり、鉄材として転売されます。

鉄資源は自然から産出される限りあるものですから、このようなリサイクルは地球環境の保護という観点からも非常に重要になります。

それでは自動車が廃車となって、スクラップになるまでにはどういった過程を辿ることとなるのでしょうか。

まず廃車を処理していくうえで最初に行われるのが「回収作業」です。

この回収作業では自動車の中に使用されているエアコンのフロンガスや、エアバッグなどが取り外されることとなります。

フロンガスは待機中に放出してしまうとオゾン層を破壊して地球温暖化を促進してしまいますし、エアバッグが取り付けられたままスクラップ作業が進められてしまうと作業中に破裂してしまうことがあるのです。

これらの回収が終わった後で行われるのが「分類作業」です。

フロンガスやエアバッグを取り除いた後であっても、廃車というものは鉄だけでできているわけではありません。

シートなどには布が使われていますし、タイヤはゴム、一見鉄に見える内蔵部品にもアルミなどが使用されています。 またブレーキオイルなどの油やガソリンなどの可燃性物質なども、フロンガスやエアバッグと同様に分類されていないと効率的に処分できないばかりか、不慮の事故などの危険も生まれますから事前に分類することが必要となります。

それぞれの種別を分類していき、鉄でできた部品だけを取り出したあとには「鉄の分類」が行われます。

この鉄の分類作業は廃車工場で行われないことが多く、破砕業者と呼ばれる業者が請け負うこととなります。

破砕業者では鉄の種類や品質といったような違いによって特A級、A級、1・2級、級外などの数十種類のグレードに分類されていきます。

それぞれの分類が終わった後には再利用できる形に変えられていき、建築用資材などとして再利用がされていくこととなるのです。

昨今の社会では資源の再利用のほか、こうした鉄資源自体への需要も高くなってきているため、これまでよりも高く売却することができるようになっています。

廃車はそのまま手続きをして処分をしてもらうのであれば一銭にもなりませんが、こうしたスクラップとして売却をしている業者に買取をしてもらうことができれば数万円の収入になることもあります。

長く乗った愛車なのであれば、手放すその瞬間までしっかりと損をしないようにしていくようにしましょう。